5月 グループ築宅 勉強会報告

【体験講座!「手すりの取付け」】

グループ築宅勉強会2014年の第2回は、5月18日(日)に新潟地域職業訓練センター実習室をお借りして、初の体験講座を行いました。

石膏ボード・構造用合板・柱・間柱を使って製作した模型に、インパクトドライバーで実際に手すりを取り付けるという講座でした。

参加者は9名。

申し込みを頂いた方の中、5名の方がお仕事のご都合などで欠席となり、
少し寂しい人数になってしまいました。

お持ちいただいたり、こちらで用意したインパクトドライバーが1人一台、模型は2人で一台使うことができ、ゆっくり時間をかけて実習を行いました。

工具を初めて使うという参加者には大工さん(プロ)がサポートとして付いてくださり、安心して進める事ができました。

慎重にビスを打つ参加者。


石膏ボードの上に膝を付いて壊してしまうというハプニングも。
 

苦心の末、多くの種類のビスを使って
取り付けられた手すり。


 

少しの力で取れてしまった
石膏ボードに取り付けた手すり。


 

実習後の感想では

  • 下地のない石膏ボードに手すりを付けてはいけない理由が体感できて良かった。
  • 手すり一本に多くの種類のビスが使われている事に驚いた。
  • 手すりを指定された位置に真っ直ぐ付けるのは難しいと思った。
  • 家の手すり付けに挑戦したい。
  • 手すりの取り付けはプロの大工さんに頼んだ方が良いと思った。
  • 大工さんの技術は素晴らしいと思った。
  • また実習があったら参加したい。

という声を頂きました。

実際の工具を使って取り付けるという体験を通して、普段の生活や仕事とは違った角度から「手すり」を知る事ができた勉強会になりました。
参加者の皆さま、ありがとうございました。

この講座が大変好評でしたので、また体験型勉強会を企画したいと思っています。

PAGE TOP